注意(重要)
この記事にある情報は情報をかじっただけに過ぎません。
なお、この記事に信憑性があるかは分かりません。真実しか
求めていないようなお方は不快感しか与えないかもしれない
ので直ちにブラウザバックをしていただけると有難いです。


『Mattel Auto Race』。1976年にマテル社より発売された、
世界初の携帯ゲーム機であるとされているゲームである。

ちなみにこの後に発売された『Mattel Football』の方が成功を
収めているためにこの『Mattel Football』が最初だと言う人が
多くいる。

一応1977年までは店頭に並んでいたらしいのだが・・・。やはり
『Mattel Football』が最初だと言う人が多い。

このゲーム自体は512バイトのメモリを使用している。その
容量の少なさは1KBの半分、または1MBの1/2048である。

はっきり言うとこの時点で凄い。まぁ、昔のゲームなので
当たり前かと思う人が多いかと思うが、1KBの半分=携帯
の待ち受けの半分程度である。そしてFCの容量の約半分である
昔を考えるとそうでもないかもしれないが今を考えると凄い。
というか、今から40年前でも下手したら凄いと言うかもしれない。

ちなみに内容は車を抜かしつつも4往復を99秒以内にゴールすれば
クリアという内容。これでもタイムがどれだけ早いかが競われて
いたらしい。

プレイヤーの車は『ギア』というのでパワーアップしていく。
(というか元からある)
『ギア』は最大4段階まであり、上がるごとに敵車に近づく速度
が速くなってくる。

僕ではありませんが、プレイするとこんな感じです。

Mattel Electronics Auto Race - YouTube

9Vの乾電池を使用することにより、動かすことが出来る。
ちなみに9Vの乾電池は今現在ではあまり見られない。

そして最近よく聞くLEDの電気を利用している。


まぁ、正直言うとこのゲームに関する話はこれくらいです。
一体どういう経路でこのゲームが作られたのかと言うのが
分からない。

ちなみに最近、復刻で再発売されたらしい。今もあるかどうか
は不明だが、このゲームは米国に行けば確実に売っていると思う。
(マテル社本社が米国にあるため)
米国に旅行とかで行ったついでに買うと言うのもどうだろうか。

今回はこれくらいにしときます。

うちの祖母。
最近、携帯を買ったらしいです。
この間は、デコメールの送り方を聞かれました。

叔母から来たデコメール見て
「こんなメールもできるんだ!」と感動し、「自分も送りたい!」と
思ったそうです。


面白いことがあったら、素直に感動し
いとわずやってみようと思う精神。


わが祖母ながら、、、尊敬いたします。


私も祖母のように、いつまでも前向きに生きたいです。

パットの距離によってグリップを使い分ける

US PGA インストラクター は、パットの距離によってグリップを変えるべきだと説きます。

 

 

youtu.be

■アフィリエイト付きのブログについて

アフィリエイト付きのブログに違和感がある。

なぜだろうと考えていて、自分の中でひとつの結論が出た。

アフィリエイトブログは、広告を設定する人、広告の手続きをする人と

記事の文章を書く人が同一なんだ。そのせいか、感動する素敵な文章を

見つけても、同じ画面にアフィリエイト広告があると、

ほんの少し冷めてしまう。

新聞や雑誌だと、記事を書く人と広告を手がける人は別だ。

記事を書く人は、広告のことをあまり考えない。

記事を書く人が広告を手伝うタイアップとかいうものがあるけど、

アフィリエイト付きのブログに対する感情は

タイアップに似てる。広告のことを考えた記事は、内容が素晴らしくても

「これ、広告のために書いた文章なんだよな」という

意識が頭の片隅から離れない。

 

「人が死ぬって悲しいな。人生ってむなしいな……

さて、記事を書いた後はアフィリエイトの手続きを」

なんてのを想像してしまうと、自分はちょっと苦みを感じる。

ブログを味わうことが素直にできない。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140303155717

 

 

カレー屋でうんこの広告見るより良いのではそんな広告ねえよ。

 

 

Scottish Jewellery: A Victorian Passion pdf

Scottish Jewellery: A Victorian Passion - Scottish Jewellery Through the centuries, the distinctive character of Scottish jewellery has enchanted collectors from around the world. This monograph that celebrates the history of jewellery in Scotland through 360 examples from the renowned Ghysels Collection. It explains the significance of the various motifs - Celtic, heraldic, sporting, and sentimental. Full description

Extra tags:
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion pdf
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion free download
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion making download
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion de Diana Scarisbrick
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion de Diana Scarisbrick pdf
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion epub
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion ebook
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion de Diana Scarisbrick
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion de Diana Scarisbrick livre
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion de Diana Scarisbrick Télécharger
- Scottish Jewellery: A Victorian Passion de Diana Scarisbrick gratuit

ラーメン

2018/01/06

寒い冬は熱々のラーメンを食べて、内臓からあったまりたいです。今冬もラーメンを何度か夕食として頂きました。味噌、とんこつ、しょうゆの順に、多く食べましたかね。もちろん、インスタントの袋ラーメンです。生めんは少々お高いので、手軽な5袋200円から300円程度のものをストックしていました。

本日は久々に出前一丁を食しました。最近では夜半もそこまでの冷え込みはないため、額に少しの汗が出ていました。

他県ですがお気に入りのラーメン、中華そば屋にしばらくいけてないので、GWあたりに行ってみたいところです。

この話は私がアニメの感想を書くキッカケになった1つのお話。

 

■ 日常系アニメ 好きか嫌いかどっちなの?

ある意味アニメ業界の視聴者様には永遠の課題。日常系アニメが好きか嫌いか問題。

 

これで結構話が揉める事が結構ネットでは多いかもしれません。

私は少数派ですが、日常系アニメが特別に好きというわけではありません。好きなところの着眼点がちょっと変わっただけかもしれませんが。別に嫌いでも無いんですよ。嫌だから見ないという話ですし、そういう話をされてもうーん・・・・という感じになってしまいます。

 

ただ、一時期非常に好きだった時代がありました。ですが、実際日常系アニメに注目してみると結構私が日常系アニメを見ている時を色々考えてみると大体その傾向が分かってきたので心理学を1ミリもかじったことの無い素人ですが、日常系アニメが好きな1個人としての意見としてお聞きください。

 ■ 私が日常系アニメを見ていた時の事。

はっきり言えば癒されたかったというのが1つでしょうか。当時の私は睡眠時間が1時間程度の時も何回かありましたし、はっきり言えばそういうの聞かないとやってられなかったです。

 

正直言ってそういう癒しが欲しかった。

 

別にその矛先はガンダムなどのバトルものやグレンラガンのような熱い感動モノにも目を向けるより30分という睡眠時間をとりあえず削ってまで見たいものなんて睡眠導入薬のような日常系アニメの方がいいわけですよ。寝ようかな・・・としているときに

「いっぺん死んでみる?」

とか

「松田ぁ!何処を打ってるぅっぅぅ!!」

なんてアニメ見たら軽く欝ですよ笑

実際このときのアニメの流れではみなみけとかARIAとか結構昔のアニメなのですが、その当時から結構見ていましたね。実際日常系のアニメって見てて疲れないですし、そういう意味で見てました。こう続きとか気になる感じではなく淡々と終わるので、続きは何!?というフラストレーションにも狩られず、楽しく見れていたわけです。

 

ですが、今はそこまで忙しい人生は送っておりません。なので日常系アニメを見てもふーんとしか思わないのです。日常をもう一回送ってどうするの?という話で当たり前の事を言ってるコントを見て笑ってるなぁ、私という状況です。しかもニヤっとですよ?怖いですよね(笑)

今の私が日常系アニメを見るときはこんなときです。

■ その1 作業用BGMとしての垂れ流し。

 

まず、日常系アニメって伏線みたいなのってそこまで気にせずに診れるので、モニタの1つにとりあえずアニメを流しそのまま見るパターン。よく勉強しているときにラジオを聞く感覚で診ている感じです。

 

箱庭を想像し、そこに自分のお気に入りの少女をほうり込んで、会話を淡々と聞いてる感じで私が作業している平行線で日常を楽しんでいるような気持ちになります。

 

おばさんの井戸端会議よりも理想的にデコレーションしたものですから、全く不快になる事もありません。もし不快になれば視聴を止めればいいんですよ。都合の良い事にアニメは娯楽ですから見なければいいわけです。

 

 

嫌なら見るな!という発想は個人的には大嫌いな発想ですが、何万部売れたとか人気爆発とか日常系アニメですらニュースでお金の話をするじゃないですか。あっちの方が一番聞きたくないですよ。あー楽しかった!でいいじゃん。サザエさんで最後利益がどれだけ出ててなんて話を聞かないのと同じです。

 

■ その2 とりあえず疲れてるときに。

 

ニヤーッとしたいそんな時にチラっと。日常系アニメって実際作画とか殆どどうでもよく無いですか?近年の簡易的な3Dモデルでのアニメでは無いなら私はそれでいいかなと思います。やっぱりそこまで作画レベルって必要ないんですよ。それはちょっといやらしい目で見てるからじゃないですかね・・・?

 

あと、時代が進むにいつれてその時代では無い日常系アニメを批判するのもご法度。昔のは作画がひどいとか、今のは萌ばかりとか言う人は多分日常系アニメ自体が好きではなくて今そのキャラに恋してるだけです。きっと。そんな人は最初から無視すればよくなぁい?

 

 

私はこう女性に囲まれてリアルなキャッキャ話を聞けなかったときはこれで代弁してました。

あぁ、女子の会話というか声質が違うだけでこうも世界が変わるのか・・・ってキモイ!!!

日常系のアニメって実際男女の語らいという部分よりも女子同士の会話の方が見てて多いような感じがあるじゃないですか。桜trick・・・はあれは違うけど、こう異性の会話は聞いてるだけで楽しくなるというある意味性の欲求には素直に聞く処方箋なのかもしれません。

 

 

実際現実で、様々な人との会話をしていたりしていたら私は何故か日常系アニメを見なくなっていました。リア充になったから・・・という感じではないですが、なんか疲れてるときに何も出来ないけど何かしたいなというときにさっと日常系アニメを最後に見て寝たら幸せかもしれません。

■ その3 とりあえず精神的に辛くないものを見たいとき

ものすごく消去法的発想ですが、かなり心にグサっと来るものを夜中には見たくないじゃないですか。ファフナー夜中に見て欝とか、がっこうぐらし見て欝とかとかとかとか・・・。

とりあえず心に傷は残したくないのですよ。

だったら日常系は絶好のアニメです。ほんわか楽しめるのは、こういったのはトラウマをある意味ではえぐらないですからね。日常というものの中で休めるひと時をということ。夜中に幸腹グラフィティを見ておなかがすくなぁ・・・というのと同じ症状です。夜中にラーメンは正気の沙汰じゃない笑

■ 青春のひと時だから余計に切ない。

こう日常系アニメを見てる時ってある意味ではとある人物の青春を描いたものが多いじゃないですか。

いや、普通に楽しく会話とか皆なかよくトランプとかさ、青春の1つでしょ?

 

けいおん位から音楽をする学生の物語が始まって今では響けユーフォニアムだっけ?が吹奏楽部の青春をまた描いてるってニュースでやってたんですが、青春物語や一生懸命何かに取り組んだ姿とかそういうのって自身の経験に基づいてるから絶対に共感せざるを得ない禁忌の方法だと思うんですよね。

 

だって日常系といえば今だってサザエさんとか、ドラえもんなども多少は逸脱した物語はあるけど日常的な話に変わりは無くて、最近の付加価値で付けまくられた商売の道具に美少女が加わった・・・という話。なので私はあまり日常系アニメが流行ってる!というニュースやコラムに関してはフーンとしか流しませんでした。

 

それは単に日常系アニメ自体が自身の経験に基づく何かがあるからこそ面白いというわけでもなくて、引きこもっていた人には理想を、青春を謳歌した人には思い出を与えるような作品もなり得るからと私の中で答えを出したからかも知れないですが。

日常系=楽しい日々=今なので間に合ってます。

■ 日常系って分かってるから許容できるものがある。

 

やっぱりですよ。日常系アニメだけが世界感に酔いしれるものではないんですよ。こう日常系アニメという区分でだから見れますが、普通のロボットアニメで日常系とかやられたら

ただの尺伸ばし

だと思うことありませんか?今のアニメではあまり無いですが、昔のアニメって50話構成のものが多くてたまーにそういうのが入るんですが、正直邪魔だと思う派なんですよ。重要なストーリーの間にそういうの挟まれて1週無駄にしたー!!って叫ぶ人間なんですけどね、日常系アニメではそういうのが殆どじゃないですか。

特に全てがお花畑で終わるのも日常系アニメの1つ。ガンダムとかそういうので全てが仲良し!で終わっては全く意味が無いでしょう。対話とか爺さん像とかそういうのは置いておいても悲惨さの裏にちょっとしたひと時としての表現で日常が少しはいったりするだけです。

 

こう見てると、現実のちょっとした日常をはさんだもの=萌えアニメだったらその理屈は大体私と同じだなと思いますよ!仕事やストレス社会で日常を全く自身と関係無い誰かの創造物を除きこんで誰も批判なんて起こさない理想的な世界を見れたらそれはハマるのも仕方が無い。自分で何かを作れる人ならそれを作品にするのでしょうけど、全ての人が絵をかけるわけでもないし音楽やジオラマを作れるわけではない。だからその中に入りたがるように聖地巡礼をする・・・と。私はそういう人でしたが、その世界にどれだけ入ろうとしてもデザインの元になったとかそういうのだけでしか無いんですよね。

 

■ 日常系アニメしか見れない私は、心が病んでたとき。

 実際日常系アニメがちょっと好きになったら何かノスタルジーな自分がいるとか、青春をちょっと謳歌できない自分が潜んでいる場合があるかも知れない・・・という気持ちを私は持つようにしています。別私はSNSでのオワコンや神作・クソアニメなんて指標は気にせずに自分の中で終わらせてるので、こういった感情抜きで本当に日常系アニメが好きになったら

 

ちょっと仕事で疲れたかな・・・・とか思ったほうがいいのかもしれません。幸いこういった日常系のアニメは幸せは運んでくれるのですが、現実に限っては変えてはくれません。淡い青春を見ているだけでうつになってしまうとかそういう人には結構心にはぐさっと来ます。

 

でもね、結論を言えば何も考えなくて楽しみたいという人が多いから流行ったんでしょうね。いいじゃないですか?そういうの。

 

■ 結局日常系をみても視聴者は日常系の人にはなれない。

終わって欲しくないという気持ちで見ている人が多いアニメって結局青春をもっと楽しみたかった欲望から来てるんですかね?だから、日常系は本当に疲れてる人って見れる人と見れない人がいると思います。人生の歩み次第でこういうのが嫌になる人だっているんです。

 

純粋にアニメが好きだから見れるとかアニメが飽きたのは年のせいだと比喩するアンチさんも実際はどっちも正解で多様化したアニメなんて全部好きになれる訳ではないんですよ。

 

 

ただ、それにあわせて同調圧力・・・というか日本特有のそういった多数決主義ってのがほんわかとは違って最近は はい と いいえ がすごく分かりやすく140文字で書かれるSNS時代ですから、全く意見に同調できないんですよね。

 

面白いと思う人が見てそれ以外は全く見ないか無関心。反対はアンチなど、全く日常系という風景にはなって無いじゃないですか。楽しく「そんなことなんもん!プンプン」とか無くてただの罵声が掲示板では飛び交ってますよ笑

 

■ 余談 久しぶりに日常系アニメを見た感想。

 

というか日常なのに何故ニコニコなどで日常系アニメを見れるのは私には分からないんですよ。ゆっくりとした日常を見たいのに視聴者がそれを邪魔するかのように

あぁー心がぴょんぴょんするんじゃー

ってなんだよ!!って笑ぴょんぴょんする元気も無いんだこっちは!って画面で叫んでコメントを消した。

 

嫌なら見るなが最近のネットトレンドの1つですが、見ないと駄目だろ。という事でごちうさとかも最近日常系という事で一応目は通したのですが、キャラよりも動物がかわいいですよねー。

 

ただあれだよね。最近の日常系というか萌え向きアニメって甘くなったよねって本当に思う。

悪いとは言わないんですが、なんか今までワッフルだけのおやつにプリンアラモードが加わって、とりあえず食べようかな・・・と思った人(視聴者の図)が、

 

「ほら!甘いだろ!!めっちゃ甘いだろ!!クリームめっちゃ入ってるんだよ!砂糖増量だゴラァ!」

 

と店員に言われて、思いっきり口の中がクリームだらけで甘くなってニヤける・・・・という図と殆ど一緒ですねコレ笑

そうじゃないと見てられないものをふんだんに入れてるんですよ。だから、本当にそういうみでは卑怯ですが、商売というか商品ですからこれが正解なんでしょう。私はそう思います。

 逆に嫌い・・・というかそういう人の発想で言えばBLをcmで見さされた時の感覚って分かりますか?ああいうのと一緒です。どっちにしてもキャラである事に変わりは無いのですが、そういうのが露骨だと気づかされた時って結構引いた目で見てしまうんですよね。

 

やっぱり1度アニメは振り返って感想書いてみるものなんですかね。

 

 それではノシ

 

・ プリパラ!:第19話『みれぃとクマ、運命の出会いぷりクマ!』
ドレパのキャラ紹介もだいたい終わって一段落、今回はみれぃ&クマの出会いエピソードをやって地固めをするお話。
思いの外ド直球にいい話を投げ込んできて、こういう話がしっかりできるアニメは強いなぁという印象。
プリパラの闇も濃厚に感じ取れたしね……何あの帝愛グループ。

クマは普段おどけて笑えるシーンを作りつつも、マネジとして仕事をしっかりこなし、プロデューサーとして子供たちの面倒を見て、個性を伸ばす教育もしてる縁の下の力持ち。
アイカツ!で言うとジョニーみたいな立場にいるわけですが、外見とマジになるシーンの少なさでもう少しコメディよりかなぁ。
しかし今回、まるで普通の女児向けアイドルものみたいなエピソードをしっかりこなしたことで、安定感がより増したなぁと思います。
こういうタイミングでもギャグで流せるキャラだと思うのですが、そうはせず真心のある交流をしっかり見せるのは、とても良い。

一年分未熟なみれぃの姿を見せたのも、キャラの彫りが深くなるいいエピソードだったと思います。
あのデータ主義ならまぁ、ああいう失敗もしているよね、という。
クマの助言でみれぃが一歩成長し、みれぃの助力で墓場送りを回避するという至誠のキャッチボールは、見ていて気持ちが良かったですね。
無間地獄みたいな場所に送り込まれる運命なのに、子供の前では取り乱さないクマの姿は輝いていた。

メインキャラに焦点を合わせつつ、そふぃにお姉さんっぽい助け舟を出させたり、ドレパや校長を使って次回以降の話の種を撒いたり、プリパラらしいソツのなさでありました。
んで次回はウェスト姉妹メインっぽいよと……ナンデニンジャ!?
まぁワニんときもワニである理由はなかったので、どんなナンセンス爆弾が来るのか楽しみにしたいと思います。

 

・ Fate/UBW:第5話『放課後に踊る』
「あのですねー、前回シーン使って情報収集して、ていうか魔術系の情報出してるの全部自分で、エミヤくんと全然交流出来てないので、エミヤくんと私だけが出るシーンがほしいんですけどどうでしょうか」というPC2の要望が通った回。
宣言通り殺しに行ったけど、予想通り殺せないというか、ヒロインポイントを荒稼ぎしに行く回でもあった。
まぁUBWセイバー可愛いからね、此処で点数稼いでおかないと戦線に残ることすら許されないよね。

今回軸になっていたのは『異常であろうとする平常人』凛ちゃんさんと、『平常であろうとする異常人』士郎のギャップ。
コッロース!! と息巻いていてもリタイヤ狙いだったり、人命救助優先だったり、大量出血に驚いたり(というか、大量出血に驚かない士郎にビビってたのかな?)と、異常な状況を引き起こしておきながらフツーのリアクションをし続ける凛ちゃんさんは、ヒロインポイント高いなぁ。
あけっぴろげな魔術師の話に怒ったのも、親父から受け継いだプライド半分、魔術師のクソ因縁がなければ妹とキャフフJKライフが遅れたのにギリギリつーのが半分だろうしね。

一方如何にも少年漫画主人公みたいなセッティングをされつつ、人間なりそこないロボットの面目を躍如して血を流し続ける士郎は、やっぱフツーの主人公とはちと違う。
戦う理由も「セイバーとの誓いを裏切ることになる」だしなぁ。
そこが面白いところでもあるし、僕は大好きですけどね、ロボット人間生き返しストーリー。


テーマとキャラクター描写という骨肉の上に、極上のアクションという脂身を忘れず乗っけてくるのがUBWであり、今回も良く動き良く回り良く暴れていた。
トムとジェリー直伝の追いかけっこシーンは3D背景を活かした回り込みが生きていて、モーメントの気持ちよさがグンッと胸に迫る。
ライダーさんも露骨に人外の動きをしていて、この後無残に退場するとは思えないほどワクワクした。
……UBWは相当再構築に力を入れているので、ライダーさんの出番も後一回くらいはあるかな?

そんなこんなで『士郎くんと凛ちゃんさんが仲良く喧嘩してたら、ボンデージ女が横殴りをキメて水が入って仲直り』という回でした。
正直プレイしたのも10年前であり、細かいイベントの順番とか忘れてますが、次第一次柳洞寺決戦かな?
アサシンの超剣術がどう表現されるのか、今から楽しみですね。

 

・ 天体のメソッド:第6話『本当の友達』
面倒くさいツンレデ女に霧弥湖特産かわいい爆弾を投げつけろ!! という回。
欲望を抑えてもう少しロジカルに説明すると、柚季編のエピローグを乃之香が、汐音編の下準備をノエルが、それぞれ担当する回でした。
柚季の時もそうでしたが、どんなに自分を鎧ってもノエルはその隙間に滑り込み、頑なな心を解していくね。
まぁ可愛さの概念存在だからね、仕方ないね。

七年分溜め込んだストレスをもっさり投下し、生まれ変わった霧弥湖のドン・キホーテこと柚季。
心理的な問題が解決するなり店の手伝いという社会的活動に従事するのは、非常に天体のメソッドらしい描写だった。
思春期という中間点から伸びる物語的矢印が、過去に置き忘れたノスタルジーだけではなく、未来に向かう成熟と変化にも向いているのは、過去の久弥作品との大きな違いだと思います。
兄貴が留学するのもまぁ、その一環ではないでしょうか。

そんな兄貴をないがしろにしつつ、女三人は温泉でわだかまりを文字通り水に流したのであった。
前回の大泣きで終わってるといえば終わってるわけですが、柚季の中では重大な問題だったのであり、ぎこちなくも誠実にビンタを貰いに行く素直さに好感。
この素直さというのは別に人格が変わったわけではなく、心の落ち着けどころを見失ってた期間も、例えばノエルへの応対とかで透けて見えていた部分。
迷いが晴れて本当の自分を見つけるというのは物語のカタルシスの基本でありますが、”本当の自分”が隠れている間もチラリホラリと、しかししっかりと見せることが今回のようなほっこりした喜びを引っ張ってくるわけです。


そういう意味ではクッソ面倒くさい重レズこと汐音も、”本当の自分”がどんな存在なのか、ノエルを鏡にして視聴者に見せているわけです。
イノセンスを人の形にシェイプした存在であるノエルの前では、自分を守るための強がりは通用せず、素直になれるわけです。
……素性をよく知らない幼女を温泉に一日略取し、飯は食わすわ風呂は入るわやりたい放題し放題なのはよく考えるとどうかと思わないでもないが、まぁしょうがねぇノエル可愛いからな。

ノエル限定で柔らかくなっているとはいえ、他の人々相手には高いバリアーを張り巡らせている汐音。
今後しばらくはこのめんどくさいイキモノを手懐けるお話が続くと思うわけですが、さてはてどうなることやら。
とか言ってますが、柚季編がスムーズな展開と着陸を見せてくれたので、全然心配はしてないです。
今回ノエルが下準備もしてくれたしね。
お話の谷間に位置する、素晴らしい小休止回だったと思います。

 

・ Gのレコンギスタ:第7話『マスク部隊の強襲』
デレンセン教官殿が死んでも事態は止まらず、キャピタルアーミーは武装強硬路線を強化し、ベルリのママンは単身大気圏に突入し、マスクはクンタラチームを率いてMS開脚し、天才はラライアをGセルフに乗せてみた後ピンチに陥ったりしてた。
いろんな事がシームレスに凄い勢いで展開するという、Gレコっぽいお話でしたね。
ユーモアの在る描写なので忘れがちなんですが、キャピタルとアメリアの二大大国は着実に武力衝突の方向に舵を切っており、カリブの島はその最前線なんだよなぁ。
あ、今週もMSによる人命救助が二度ばかし行われていて、戦争の兵器に血を通わせるこのリフレインやっぱ好きだなと思いました。

それはさておき、天才とキャッキャした後謎めいた操縦技術を見せたラライア。
クリムは大統領の息子として陰謀の材料にしたいのか、ラライアのことを気に入って構っているのか、イマイチわかりません。
なのですが、自分はラライアに優しくしてくれるクリムが好きなので、後者であってほしいものです。
……あのウッカリドジっ子ヒロインっぷりを見てると、根っこの部分で善良な人なんだと思うけどね。


ウッカリドジっ子ヒロインといえば、酸素欠乏症と男がトップを走るヒロインレースに、主人公の母親が大気圏用グライダーでダイナミックに乱入してきました。
血は争えないというか、エネルギー宗教だったキャピタルが気付けば強健派軍事組織に乗っ取られてる現状を考えれば、国を見限るのもしょうがないというか、アンタ息子好きすぎだろというか。
クッキーの下りで思いの強さが見える辺り、やっぱキャラを切り取る角度が良いアニメだなこれ。
拉致られてきた時にベルリが言っていた「母に自分は人質になりませんよ」が大嘘だということが判って、オジサンは凄く安心しました。
とっととアメリアに保護されて、クッサい親子再開涙涙絵巻を見せて欲しいものです。
……デレンセン教官殿も死んじゃって、人徳のある人がこれ以上死ぬのは耐えられんのよね、正直。

そしているだけで面白いのだが、面白がってばかりもいられないマスク大尉。
被差別集団を集めた命知らず部隊というのは南北戦争における第54マサチューセッツ歩兵連隊だとか、第二次世界大戦における第442連隊戦闘団だとか、様々な歴史上の事例が沢山あるので、エルフ・ブルックの面白機動で大暴れして爆散した兵士たちにもまた、決意と流血があったのだということは覚えておきたい。
でもエルフ・ブルックの超変態機動は絵が面白すぎてなぁ……死人出てるのにウッカリ笑っちゃうよ……なんだよあの足サーベル。

キャピタルアーミーの武装偵察部隊がちょっかいを出し、ベルを含めた宇宙海賊(という名目のアメリア軍防衛部隊)がカウンターを当てるという局地的な熱戦でやや状況が安定してきたGレコ。
此処に大気圏からキャピタルタワー運行長官兼ウッカリ属性持ちヒロインが乱入することで、事態はどう動くのか。
やっぱ目が離せねぇな、このアニメ!

 

・ selector spread WIXOSS:第6話『その存在は漆黒』
今週のアドゥレサンス地獄編は『ライターズ・ブロックという煉獄』『イオナ弱る』『あきらっきーのメガバイオレンス講座』三本立て。
群像劇らしく、一話の間に色々起こるアニメですね今更ながら。
しかしまぁ何処を切り取っても不穏で無残で、最高に意地が悪くて素晴らしい。

ルリグ・システムの詐欺っぷりは人間サイドだけではなく、他人の夢を強制的に背負わされるルリグサイドにも及んでいるよね、というのがふたせ先生のテーマ。
創作の苦しみ、というか創作を継続する苦しみに燃やされてるふたせ先生の無様さは、ずっしりと胸に重くシンドい。
Fateしかりまどかしかり龍騎しかり、万能の願望機バトルロワイヤルモノは最終的に人生の縮図にまとまることが重要なんだなぁと思います。
しかしアレだ、蒼白いインセストを背負わされている花代さんにとって、遊月の願いってどんくらいの重さなのかね?


急に病弱要素を取り入れてきたイオナさんは、看病はおろか名前呼び捨てにも成功し、『恋のラッキーチャンスは思い切って踏み込むことでつかめミ☆』などとティーンズ雑誌の特集めいた妄言が脳裏を駆け巡る展開。
むくれたり拗ねたりするイオナさんを見ても「タマじゃないやつだ!」と恐竜家族のJrめいたリアクションしかしなかったるぅ子も、弱った姿を見てようやく人間扱いですわ。
まぁるぅ子は善人だからね、病気の人は見捨てられないよね。
『カードに布団かける』という短絡的で目の前五センチのことしか考えてない行動が最高に中学生していて、パンチ力の在るエピソード作るの巧いなと思った。

『今WIXOSS世界で一番気持ち悪い女(遊月→イオナ→ウリスに続く四代目チャンプ)』こと繭さんの妄言攻撃は、今回も絶好調でした。
「お前は旧劇ラストの巨大綾波か」と言いたくなるような気持ち悪ーい演出が冴え渡り、そらイオナさんも普通の女子中学生みたいなリアクションするわと納得。
一期で張り巡らせていた気持ち悪ーい陰謀も、繭さんが裏からチョイチョイと手を回した結果なんじゃねぇかなぁなどと希望的観測したくなる演出でしたね。
まぁ根性ドブゲロなのは変わりゃしないけどさ。


そして愛の狂戦士あきらぶりー、すっかり悪い釘宮のレズ奴隷と化して大暴れですよ。
『今WIXOSS世界で一番物理的に強い女』の称号をほしいままにする晶ですが、メンタル面はズッタボロであり、精神的に一番バランスとれてる一衣に気圧されるのもやむなし。
自分のクエストに決着を付け、クソみたいなシステムに頼らずとも人生の意味を獲得できてるキャラは強いのう……。
一衣の強さと対比することで、イオナへの憎悪しかりウリスへの依存しかり、他者という鏡を使うことでしか自己を認識できない晶の脆さと怖さは浮き彫りになるわけで、哀れというか無残というか、「もうちょっと手加減を……いやせんでいいこのままでいい」という気持ちになる。
あきらぶりーしてる時、最高に可愛い作画を徹底して維持してるのが、最高に底意地悪くて素晴らしいですね。

そんな晶を己の欲望の道具(多分色んな意味で)として使い潰してるウリスが、まるで長野県予選決勝卓の池田バリに「そろそろ混ぜろよ」と乱入してきた所でヒキ。
次回予行からしてあきらっきーの歪な愛が破綻するオーラマンマンで、綾瀬さとみリスペクトに満ちた「キレイ……ウリスキレイ……」が見れるかと思うと震えが止まりません。
……一番余裕がある一衣あたりが晶を拾わないと、すんごい悲惨な末路しか残んないんでどうにかレシーブしてくれませんかねマジ。
あと『スケッチ』は百合っ娘ドMメガネが最後の最後でスーパー逆転ホームランぶっ込んで常識を場外に吹っ飛ばす話だったので、多分そういう展開にもならねぇファック!!

 

ポイントサイト(お小遣い)では、

ポイントタウンやPONEY、ハピタスに登録し、

会員登録や資料請求、アンケートといった記入する案件や

ゲームをしたり、受信メールのURLをクリックしたりすることで、

各ポイントサイトのポイントを得ることができます。

 

このポイントを貯めていくと、

現金や飛行機で使えるマイル電子マネーなどに交換することができます。

 

ネットを使って無料でお金やマイルを稼ぐことができるため、

ポイントサイトは初心者向きと言えます。

 

またほとんどのポイントサイトはスマートフォン(携帯電話)に対応しているため、

パソコンを立ち上げるのが面倒という方にはオススメです。

 

ポイントサイトへの登録には、メールアドレスが必要です。

またポイントを現金化するには 郵貯銀行や農協といった金融機関コードのつけられた金融機関への振り込みが可能です。

しっかり管理するのであれば、ネットバンクの口座があった方が良いです。

 

ポイントサイトへの登録メールアドレスの作成ネットバンク口座の作成

無料でおこなえます。

 

 

ポイントサイトでお金を稼ぐ方法一覧

 

<案件>

・会員登録、メールマガジンの登録

・スマホへのアプリインストール

・資料請求

・口座作成

・保険関連

・クレジットカードの作成

・商品購入、モニター (100%還元のもの)

 

<ゲーム系>

・すごろく

・くじ引き(宝くじ)

・スクラッチ

・脳トレ系ゲーム

 

<その他>

・メール受信 やサイト訪問

・ショッピング(楽天市場やYahoo!ショッピングなど)

・紹介、リファール制度

 

などがあります。

 

また、普段の生活でネットショッピングをする際に

ポイントサイトを経由して購入すれば、

・クレジットカードのポイント

・ネットショッピングモール(楽天市場など)のポイント

・ポイントサイトのポイント

ポイント3重取りが可能です。

 

 

 

ポイントサイトで稼ぐコツ

 

ポイントサイトへの登録時にすべてのカテゴリーにチェックを入れて、

クリックポイントやメールを受け取ることが基本です。

情報が多くなれば、その分稼ぐことができます。

 

サイト訪問系のポイント獲得は、

ポイント付URLを新しいタブで開くことで、

ポイント獲得後に一括して削除する事ができます。

さらにメール内での検索機能を活用し、

ポイント付URLを探すことで時間短縮になります。

サイト訪問系のポイント獲得は、有効期限があることが多いため、

毎日決められた時間にコツコツと進めることが重要です。 

 

また、ポイントサイトでお金を稼ぐ初心者の方は

無料の会員登録や資料請求の案件で稼ぐ方法も良いです。

用意するものは、無料で登録したメールアドレスだけです。

会員登録や資料請求案件を進めることで5千円~1万円程度を稼ぐことができます。

 

注意点としてはポイントの有効期限があります。

ポイントがある程度貯まったら

早めに現金やマイル、電子マネーなどに変換した方が良いです。

 

ポイントサイトに登録

 当ブログでおすすめするポイントサイトを紹介します。

それぞれの画像から無料登録ができます。

 

<ポイントタウン>

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

 <ハピタス>

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 <PONEY>

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

当ブログを経由して新規登録することで、

新規登録時のポイントが加算されます。

 

ポイントサイトで稼ぐのであれば

上記で紹介したポイントタウンやPONEY、ハピタスは登録必須です。

ポイントサイトを使い込むことで、かなりお金を稼ぐことができます。

 

 

ポイントサイトによって、それぞれ得意分野が異なります。

 

ポイントタウンのように、ゲームやショッピング案件に加えて、

ミステリーショッパー(外食覆面モニター)まで全般にそろえるサイトもあれば、

 

ソラチカルートと呼ばれるポイントをマイルへの変換できる、ハピタスもあります。

 

またマイル交換へのルートが見いだされ、

2016年から勢いのあるPONEYもオススメです。

 

マイル交換を目的とするポイントサイトの登録は、ハピタスもしくはPONEYに2択になります。

 

いずれもポイントサイトも無料で登録可能ですので、

初心者の方はポイントサイトへの登録後に

自分のスタイルに合ったポイントサイトに絞ってもよいでしょう。

何よりも長続きするポイントサイトが大切です

 

最後に、多くのポイントサイトに登録すると

IDやパスワードを紛失、混乱しますので

メールアドレスと同様にしっかり管理しましょう。

 

 

 

 

山梨県にある「ほったらかし温泉」へ行って来ました。
ブログでいつも楽しい情報を紹介されてる怪しいシェフさんの日記を見て、”ぜひ行きたい!”ということで行って来ました。
星空が美しいということで、夜中からの出発も考えていましたが、疲れそうなので午前中に出発してお昼前に到着しました。
f:id:yummy21:20120723170023j:image:w400
「あっちの湯」と「こっちの湯」があります。お風呂は「あっちの湯」の方が広いそうです。
f:id:yummy21:20120723170038j:image:w400
こちらの階段をおりて、券売機で券を購入して入場します。貴重品などは100円ロッカーがありました。タオルは家から持参しました。
f:id:yummy21:20120723165856j:image:w200 f:id:yummy21:20120723165927j:image:w200
甲府盆地と山々を見ながらお風呂に浸かることができます。さえぎるものが無いので、本当に気持ちが良いです。
写真の手前にあるプレハブ屋根が「あっちの湯」です。
お湯はぬるめのお風呂が多かったですかね。暑い夏にゆっくりと景色を眺めながら浸かるにはぴったり。
f:id:yummy21:20120723165950j:image:w400
ぶはーーー、なんとも気持ちの良い温泉でした!
怪しいシェフさん、情報をありがとうございました!!