私がパパになったのは7年前。

ママの妊娠が分かったのは

8年ちょっと前のことです。

 

今でこそ家族優先の働き方を

心がけていますが、

一人目が生まれる前後は

決して褒められたものでは

ありませんでした。

 

妻が悪阻で苦しんでいた時期が

仕事の繁忙期と重なったため、

妻の実家で過ごさせることに。

 

当時はそれが当たり前だと

思っていましたが、

妻には寂しい思いをさせていたのでは

と少し後悔しています。

 

そんなダメなパパも少しずつ成長し、

今ではママとタッグを組んで

子育てに当たる毎日を送っています。

 

f:id:work-shift:20151119231250j:plain

 

さて、

  • ママの気持ちがよく分からない
  • 子育てにどう関わればいいんだろう
  • 何をすればママが喜ぶのか知りたい

といった悩みや疑問に答えてくれる本が

この度出版されました。

 

山本ユキコさん著書の

『出産・育児ママのトリセツ』

です。

 

f:id:work-shift:20160220230751j:plain

この本が画期的だと思うのが、

ママがパパに向けて書いた本

であること。

 

子育て本は世の中にたくさんありますが、

どれもママのための本であり

パパへのメッセージとなった本は

思いのほか少ないのです。

 

また、書かれている内容がどれも

ママの地雷をふむパパの

典型的なあるあるネタ

ばかりなのもGood。

 

身に覚えがあるパパたちは、

ぜひ心して読んでみてくださいね。