夜空には「素晴らしいのに余り見てもらえない天体( 10個 )」があるそうです。

はてなブログでよく読む・・

 kawashimaさん のページ『 まどぎわ観望日記 』 で紹介されていていました。

で、先日(8日)その内の2つを写真に撮ってみました。

その1つをUPいたします。

ふたご座 α・β の間にある惑星状星雲(NGC2371ー2 約13等)です。

写真には、大爆発の後に残った中心星(約15等)と広がるガスが綺麗に写りました。

良く写るし、形も面白い。どうして人気がないのか不思議ですね。

f:id:nyancotan:20140110164032j:plain
NGC2371-2(ふたご座 惑星状星雲)1月8日21時16分直焦点撮影
DOB GOTO12(30cm反射望遠鏡 ISO3200 10秒 16枚合成 PENTAX K-01)

※ もっと露出時間をながくすると、更に直角方向に淡いガスが写るのですが・・

  この写真では、矢印の先に光のシミが見えるような・見えないような です。