一週間あたり朝食の摂取回数が2回以下になると

    脳出血の可能性が14%増加することを前回レポートしました。

    原因は、朝食をとらないことによる血圧の上昇です。

    朝食と脳梗塞に関連性がないことが血圧が原因である証拠です。


    では、なぜ朝食を摂取しないと血圧があがるのでしょうか。

    やみくもに「脳出血防止のために、朝食をとりなさい」

    と言ってるだけでは、朝食の継続は難しいのだと思います。

    f:id:syosakoi:20160205224113j:plain

      朝食と血圧上昇のメカニズムをきちんと理解すれば、

      少し早く起きてでも、朝食をとろうする意欲が

      湧いてくるのではないでしょうか。

  

  ★朝食のあとに血圧が低下する理由

      食事をする前、血圧と心拍数は徐々に上がってきます。

     そのわけは、交感神経が活動的になるからなのです。

     食事のあとは、交感神経の働きは落ち着いてきます。

     そうすると血液が流れる量が少量になり血圧が低下するのです。

 

       f:id:syosakoi:20160205233941j:plain

 

     血液の流れが少なくなるとともに、朝食をたっぷり食べる

     1日を通してインスリンの分泌量が少なくなるようです。

 

     高血圧の原因の一つが高インスリン状態です。

     インスリンの興奮作用によって交感神経が緊張状態となり

     心臓の活動を活発にして血圧を上げる働きがあります。

 

     朝食を食べることによって、交感神経を落ち着かせ

     インスリンの分泌量がおだやかになることが

     高血圧を防ぐ働きがあるようです。

 

     朝食を食べることによって、高血圧を防ぐことができるので

     脳出血の発症を抑えることに繋がります。

 

     インスリンの分泌量が穏やかになるわけですから

     高血圧ばかりでなく、糖尿病の予防にも効果があります。

 f:id:syosakoi:20160205233730j:plain f:id:syosakoi:20160205233716j:plain

 

   また、朝食をたっぷり食べる人と、夕食をたっぷり食べる人に比べて

   平均で8キロの減量に成功したという調査結果もあるそうです。


    実験では朝食の質については、ふれられていません。

    まず質よりも朝食を継続して食べることが重要なようです。